Warmly Cello
日々、思ったこと、起こった出来事などなどいろんなことを書いていきます。よろしくです。
プロフィール

warmly-cello

Author:warmly-cello
ホームページは
こちら←からです☆

ヨロティク(=゚ω゚)ノ♪



月別アーカイブ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


懐かしいということ

6月ももうすぐ終わります。
今年、2007年も半分が過ぎました。
時々刻々、さまざまなニュースの飛び交う中、
夏の選挙にはしっかりした意思表示が必要だなと、
実感する今日この頃。

ちょうど昨日まで、在京オーケストラでは初めての
日本フィルハーモニー交響楽団のお手伝いに行ってました。

日本フィル。
実は高校生の時、学校の敷地内にある会館に
貴楽団は練習に来ていた時期がありました。

当時、僕はクラシック音楽というものがまったく
解ってなかったので、
バイオリンとチェロの友人とともに
リハーサルをこっそり覗きに行くことにしました。
非公開ということも考えず・・・

会館の2階席から、見下ろすように
オーケストラのフル編成がリハーサルの真っ最中。
頭を上げすぎると、ばれてしまうので、
本当にこそこそと聞いていました。

あの当時、何度も授業そっちのけで足を運んでは
感動した記憶があります。
聞いた曲といえば、チャイコフスキーのピアノ協奏曲だったり、
ドヴォルザークの謝肉祭だったり、
他には知らない曲がぞろぞろ・・・
指揮者は外国の方だったり、日本人だったり、さまざまでした。

そんな覗き見生活のある日、
休憩中にとうとう団員さんにばれてしまったことがあって、
「降りておいで」と声をかけられました。

正直・・怒られると思ったのですが、
接近できる期待感もあって
結局、談笑し、楽しい時間になりました。

ある夜にいたっては、
学校の正門が閉まって、出られなくなったチェロの団員さんの楽器を
みんなで担いで、乗り越えたということもありました。
プロの方と接するのもめったに無いのに
楽器を担ぐ緊張感・・・忘れられませんでした。

あのころから13年。

あの時みたオーケストラの光景が、
私服でのびのび練習していた楽しそうな光景が
僕のこの世界に入った原点でもあります。

その、思い出のオーケストラに
エキストラ出演してきました。

練習から、わくわくしっぱなし。
スタッフでトラックドライバーのおじさんに至っては
合宿でお世話になった方だったり。

今回は音教ということもあって、
名曲ばかり。
大変楽しく、勉強になりました。

こんな時がくるとは思ってもいなかったので、
嬉しかったです。

写真は練習場所付近の公園2枚と
ステージ準備中
07-06-20_10-48.jpg 07-06-20_10-50.jpg 07-06-20_11-45.jpg

さぁ!o(*・ω・)ノ 来月は東京シンフォニアの王子ホール公演
サックス奏者のオーティス・マーフィーさんをゲストに
迎えます。名古屋公演も同じプロで。名古屋にはオランダから
チェロのゲストもきちゃいます。
コチラも楽しみです。

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://morassi1969.blog68.fc2.com/tb.php/60-d759cd42



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。