Warmly Cello
日々、思ったこと、起こった出来事などなどいろんなことを書いていきます。よろしくです。
プロフィール

warmly-cello

Author:warmly-cello
ホームページは
こちら←からです☆

ヨロティク(=゚ω゚)ノ♪



月別アーカイブ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひと段落
もうイヴです。
忘年会、酒は程々が一番です・・・(反省)。

さて、前回のブログの続きで行きますと、
12日の第九も無事に終えて、
その週は市原、我孫子、木更津、成田と色々回って、
またも第九を今度は津田沼で。
指揮は定期でもお世話になった、飯森さんでした。
合唱が300人という事で、会場は凄いことになってました。
SN3L0006 (5)
この日、第九と一緒に演奏した、モーツァルトの九番。
さすがにモーツァルトの一桁台の交響曲は弾いたことがなかったので、
楽しみでした。
SN3L0008 (4)
今回はピリオド奏法で組み立て。
しびれます。そしてなかなかいい曲でした。

本番の日、会場の近くで、ドイツフェアをやっていたので、買占めました。
SN3L0009 (4)
なんか、懐かしいです。


今週は、フルートの金子さんの還暦のお祝いもあり、
みんなでサプライズを仕掛けるドキドキの時間も過ごしました。。
とても喜んでいただいてたので、こちらも嬉しかったです。
これからも末永くよろしくお願いいたしまっす!!
SN3L0013 (3)

そして、県庁でのコンサートもありました。
あっという間に色々なことが過ぎて、今日(昨日?)は佐原で室内楽。
千葉での仕事はこの室内楽で、通い納め。

中央道、首都高、東関道、京葉道、
だいぶ慣れました。
今日の佐原も遠かった。
酒々井のSAで朝ごはん、これが密かにマイブーム。
スタバもこの店構えがなんか好きなんです。
SN3L0001 (4)

佐原は、かの伊能忠敬で有名な場所なんですね。
古い町並みがそのままに、
酒蔵もあり、「みりん」や「ごま油」も有名だそうで、
色々(佃煮、みりん、ごま油・・・)お土産買っちゃいました。
SN3L0032 (3) SN3L0043 (2) SN3L0025 (2)
写真は蔵と、直ぐそばを流れる川(まるで時代劇)、そしてドジョウ食べました。


残りはレッスンやスタジオや合わせで、30日まで続きます。
入団を期に、なかなかできなかったアスキーの合わせ。
(すまない・・・。みんな)
でも来年1月、ブラームスのクラリネット五重奏をオペラシティーでやることになって、
久々にメンバーで集まれるのでかなり楽しみです。
(曲が曲だけに不安も多々ありますが・・・。)

とにかく今年はあと一息。
頑張ります。

皆さま、メリークリスマス!!です。



ここからはお知らせ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


楽員のコンサートのご案内です!!
ヴァイオリンの小泉百合香さんとホルンの大森啓史さんご出演!
是非お越し下さいませませ!!

2011_01_08surf-96dpi-208x300.jpg
●小泉百合香ヴァイオリンリサイタル

1月8日(土) 14:00開演 (13:30開場)

千葉市 美浜文化ホール 音楽ホール
(JR京葉線検見川浜駅徒歩7分)

入場料 \2,500 (前売り\2,000) 全席自由

出演
小泉百合香(ヴァイオリン)
鈴木奈津子(ピアノ)
大森啓史(ホルン)

曲目
ファリャ / スペイン舞曲
サン=サーンス / 序奏とロンド・カプリチオーソ
エルガー / ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 作品82
ラヴェル / ツィガーヌ
ブラームス / ホルン三重奏曲 変ホ長調 作品40


1635970645_137s.jpg
●エマーノン・ブラス・クインテット

1月27日(木) 19:00開演 (18:30開場)

JTアートホール アフィニス
(地下鉄 銀座線 「虎ノ門」駅徒歩4分)

入場料 一般\2,000 学生\1,000 全席指定

出演
内藤知裕、藤巻順二、安藤友樹*(トランペット)
大森啓史(ホルン)
奥村晃(トロンボーン)
大塚哲也(チューバ)
和田光世*(パーカッション)
* ゲストプレイヤー

曲目
J.S.バッハ / トリオ・ソナタ ト長調 BWV1039
エトラー / 金管五重奏曲
ホルボーン / エリザベス・ダンス組曲
ベーム / 金管六重奏曲 変ホ短調 Op.30


是非お越し下さい!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






スポンサーサイト

もうすぐ年末
気づけばもう12月も3分の1が過ぎ、アドヴェントの季節。
ようやくブログを書いています。

20101212_l.jpg SN3L0012 (3)

明日は第九の本番。船橋です。(写真はチラシと指揮の曽我さん。)
今まで、第九は何度か演奏しましたが、
全然違う今回の第九。

今年は激動の年。めまぐるしく環境が変わって、
夢がかなって、自分の周りの景色が知らない地名で埋め尽くされて、
ようやく慣れてきた今。
第九は全然違うものになっていました。
団員として弾くのはこうも感慨深いものかと、
休憩中に同期チェロの若狭君と話してました。(うるうる)
といっても、来週末も弾けますし、来年3月も弾くんですが・・、

ひとつ、またひとつ。師走も着実に。

SN3L0003 (4)
今月あたまの「江原啓之さんのコンサート」も楽しく過ぎました。
江原さんもゲストの皆様も素晴らしい歌声でした。
なかでもソプラノの佐藤美枝子さんがとても印象に残ってますが、
オペラシティー(久々の)に響き渡る美声には圧巻。

関係者の皆様、有難うございました。


ニューフィル千葉では第九の前後に鑑賞教室で
特別支援学校と盲学校と、子供たちの元気を沢山貰っております。
SN3L0007 (3)
懐かしい歌も弾いちゃいます。
この歌小学生のころよく歌ったなぁ(しみじみ)。
101208_1205~02101208_1205~01
校内にあったみかんに顔や名前が書かれていて、思わず一枚。
来週はびっちり千葉。頑張りますよ!


と、合間にレッスンをこなしつつ、

今週は、第一生命ホールのロビーで行われている、
1歳から3歳児向けの「よちよちコンサート」もありました。
全3回シリーズの今回は2回目。
こちらは3公演を一日で。メンバーは固定なので、だいぶ馴染んできました。
関係者のみなさん本当にお疲れ様でした。

クリスマスな雰囲気たっぷりで過ぎていきました。
子供達が間近なのでかなり楽しかったです。
次回は3月。こちらも頑張ります。
0317.jpg
写真は第1回の7月のときの模様です。(© 藤本史昭)

またも、いろいろあった毎日。
でも、今週は夕方の予定だけという日もあって、
昼まで寝られたり(久しぶりに「いいとも」見た・・)、
レッスン後に接骨院に行ったり、師匠からコート貰ったり、
弾く以外もいろいろでした。

さぁ、明日は第九。よく寝て挑もう。
ホームページの2011年演奏会情報は年内にアップします(汗)しばらくお待ち下さい。。


ここからは2つ、ご案内があります  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

●ニューフィル千葉 特別演奏会 「ニューイヤーコンサート2011」
~新春を彩る若きマエストロ~
20110116_l_20101211225921.jpg

2011年1月16日(日)14時開演
会場 千葉県文化会館 大ホール
指揮 大井剛史  ソプラノ 砂田恵美  

第1部
J.シュトラウスII:喜歌劇「インディゴと40人の盗賊」 序曲
J.シュトラウスII:加速度円舞曲 作品234 
ジーツィンスキー:ウィーンわが夢の街 (★)
J.シュトラウスII:ポルカ「クラップフェンの森で」 作品 336
ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・マズルカ「女心」 作品 166
J.シュトラウスII:トリッチ・トラッチ・ポルカ 作品214
J.シュトラウスII:ワルツ「春の声」 作品410 (★)
第2部
オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」序曲
マスネ:タイスの瞑想曲
アルディーティ:くちづけ(★)
J.シュトラウスII:歌劇「騎士パズマン」から「チャールダーシュ」
J.シュトラウスII:喜歌劇「こうもり」から ロザリンデのアリア「ふるさとの調べよ」(★)
J.シュトラウスII:ワルツ「シトロンの花咲くところ」 作品364
J.シュトラウスII:ポルカ「雷鳴と電光」 作品324
★…砂田恵美(ソプラノ)

入場料金(全席指定)
S席:4000円 A席:3000円 B席:2000円
※高校生以下及び65歳以上は各500円引き
ニューフィル千葉会員の方はさらに1割引き
※未就学児の方に入場はご遠慮ください

詳細はニューフィル千葉ホームページをご覧下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。


●ニューフィル千葉では楽員募集をすることになりました。
ヴァイオリン奏者 1名とホルン奏者(2番4番)1名です。
詳細はニューフィル千葉ホームページをご覧下さい。
皆様のご応募お待ちしております。






師走
SN3L0050.jpg

2010年もあと一ヶ月をきりました。
早いものですね。
師走、風邪には気をつけて頑張りたいと思います。

鑑賞教室は幼稚園や養護学校を回りました。
子供達は元気いっぱい。
朝早く出ても眠気も吹っ飛びすっかり元気になれます。

反応が素直で、いろんなことに気づかされます。
養護学校はなかなか行く機会が無かったのですが、
ニューフィル千葉では毎年必ず回っています。
きらきらした眼差しに、気合も入りますね。
音楽の本質を実感する日々です。

101125_0918~01
写真は幼稚園のイス。可愛いですね。


鑑賞教室の合間に、
横浜シンフォニエッタの秦野、下田の公演にも参加しました。
音楽監督でもある指揮の山田和樹さんのブザンソン優勝凱旋公演。
こちらも楽しかったです。リハーサルからずっと。

秦野公演ではパリ管弦楽団の首席フルート奏者の
ヴァンサン・リュカ(Vincent Lucas)さんがモーツァルトの協奏曲を演奏。
素晴らしすぎでした。
フルートを改めて知れた日となりました。
101123_1645~01 101123_1403~01
写真はリュカさんと一枚(やはりすごい身長差・・汗)、そして、
秦野出身の山田さん、お祖母さまの赤飯の差し入れに感動です。
おいしかった。

下田公演では、チェンバロ奏者でもありピアニストの小林道夫さんが同じくモーツァルトを。
一音一音紡ぎだされていく確かな音たち。
ああいう音楽作り、すごく好きです。
素晴らしい共演者に感謝です。

下田のときは差し入れにキンメダイのお寿司が!!ぎゃ~うまい。
ありがとうございました。

SN3L0036.jpg SN3L0037.jpg

帰りは海沿いを通って、
旬のウスバカワハギのお刺身を頂きました。
これが上手すぎでした。車の為お酒は飲めなかったのですが、今度は日本酒で。。


「お知らせ」
山田さんのドキュメンタリーが
12/27(月) よる10:00、wowowで放送されます。
横浜シンフォニエッタの公演の模様もあります!
どうぞ、お楽しみに。



先週は王子ホールでソプラノの方のリサイタルのお手伝いもありました。
こちらも楽しく、(いろいろ冷や冷や)過ごせました。
お世話になりました。

そして今日は久々のオペラシティ。
明日本番で、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんが第九を歌う、

「江原啓之 “第九も歌うぞ!” コンサート Vol.2」

という事で、ゲストも豪華な顔ぶれ、オーケストラも顔見知りの方が多く、
とても楽しいです。
江原さんとご一緒するのは3回目。
今日は少しお話もできて、覚えていてくださいました。(うれしい)

にしてもオペラシティー、近いっていいですね。

普段は千葉に通っていますが、
自宅は八王子、毎回東京都を横断し、日の出に向かって車を走らせ、
日の入りを見ながら帰宅の日々なんですが、
朝は5時起きなんです。
6月からこの生活。慣れてきましたが、今日は近かったので朝は熟睡。
もう体は早起きを要求しているので、たまにはいいですね。

さぁ、仕事納めは今のところ29日。
駆け抜けたいと思います。

101130_2136~01
最後に養護学校の公演で頂いた手作りのストラップとしおり。
大事に使おうと思います。
どうもありがとう









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。