Warmly Cello
日々、思ったこと、起こった出来事などなどいろんなことを書いていきます。よろしくです。
プロフィール

warmly-cello

Author:warmly-cello
ホームページは
こちら←からです☆

ヨロティク(=゚ω゚)ノ♪



月別アーカイブ



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寒くなりましたね(長文)。
すっかり寒くなりました。
やっと日記を書ける時間を確保。
毎日あっという間に過ぎていきますが、
まだまだ続く・・・この毎日。

さて、この前の日記は千葉ロッテの日本一が
まだわからない段階で、更新してありました。
おめでとう!日本一(今更)

時間って本当に不思議です。
予定表を見返してみると、
あの日はこの本番の準備で悪戦苦闘、
あの日はこんなことやってたんだ、
みたいなことをいろいろ思い出しますが、
時間が来れば必ず通り過ぎていってしまいます。

始まれば、終わってしまいます。
本番も2時間経てば大抵終わっています。

ニューフィル千葉は鑑賞教室と定期公演、
そしてまた鑑賞教室と過ぎていきました。

定期公演。
SN3L0012.jpg SN3L0013.jpg
写真は初日リハーサル風景

リムスキー・コルサコフ 「スペイン奇想曲」
ホアキン・ロドリーゴ 「アランフェス協奏曲」:ギター 福田進一
リムスキー・コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」

入団して初めての定期。
その日の来るのが解っていながら、何処かでドキドキ。
初日からかなり有頂天。
内心「わーわーーわーーー」(←意味不明)ってなってました。
楽しかったんです。とにかく。
サイドで弾けたので、指揮の飯森さんも目の前。
いろんなことが伝わってきて、アンテナの足らないことを実感、
チェロのゲスト首席の方(松本ゆり子さん、3曲とも素晴らしいソロでした!
)に大変支えていただき、
すごく発見の多い毎日でした。もう皆さんに感謝仕切れません!
毎日が勉強。毎日が成長。

向上心や向学心は常に持って、限界を決めない。
これだけで、視野は広がるし、
チェロやオーケストラや室内楽や、クラシック、音楽、芸術、
その世界を形成するすべてが、どれだけ広く、どれだけのことが出来るのか、
未知であることに感動するのです。

この定期公演までに
お世話になった先生の演奏を聴く機会もありました。
オケスタなど見ていただいた先生の
サン・サーンスの協奏曲のリハーサル。
101109_1844~01
写真は控え室で・・見切れてしまった。
(首都大学の皆様有難うございました。)
そして師匠のリサイタル。
素晴らしかった。
よりいっそう励まされました。

そして、また引き出しが増えていきます。

定期の後も鑑賞教室は楽しく過ぎていきました。
そしてもう一人、オケスタなどお世話になった先生の演奏会に行きました。
舞台での立ち居振る舞いは、病を感じず、
ご挨拶に行ったときのまっすぐな励ましのお言葉も、深く響きました。

沢山の人に支えられ、歩いているのです。
音楽家の前に人間。そう思いめぐらした日となりました。

さぁ、出来ることは精一杯。
本質を見極めて頑張ります。


ここからは写真いろいろ!!

SN3L0017 (2)SN3L0021.jpgSN3L0023_20101122000104.jpg

定期のコントラバスゲスト首席の山さんと
ミヒャエル・イグナーツ・シュタッドゥルマンのとても小さい
チェロのようなコントラバス。ちなみにこの方、モーツァルトと同じ生まれだとか・・。
当団寺田さんとツーショット。エンドピンの長さで解ると思います。
イスに座っても弾けちゃいます。

SN3L0024_20101122000140.jpg
ギターの福田さん リハ前にこっそり。

SN3L0027.jpg
そして、プレトークの直前、指揮の飯森さんと。


最後に今日の夕飯。
久々に作ってみました。親子丼
101121_1918~01


では、おやすみなさい!
スポンサーサイト

11月です!
さぁ、怒涛の毎日到来中(-ω-;)。
とりあえず、12月5日まで休みは無い感じです。。。
日記もご無沙汰、なので普段より長文です。



10月の楽しかったミルフィーユ・コンサートの後は、
バッハの名曲、ロ短調ミサ。
船橋フィルハーモニー合唱団の皆様お疲れ様でした。
厳かな時間を過ごせました。
有難うございました。


101027_1612~01
そして、鑑賞教室は習志野市のほかに御宿にも行きました。
海沿いの道を走り、快適な行き、
大ハマグリを堪能しつつ、大渋滞で6時間かかった帰り・・。
なかなかいい体験でした。
101027_1553~01 101027_1559~01
おいしかったよ~(泣)


そして月末は日本フィルさんにお世話になって、
ブラームスの「ドイツレクイエム」、
それと、初めて弾いた「フィンガルの洞窟」・・・。
なかなか最高な時間でした。
SN3L0023.jpg SN3L0024.jpg
写真は鎌倉芸術館


入団前からの予定などもあって、
ニューフィル千葉をお休みするのはなんとも残念(心苦しい)ですが、

11月最初は山田和樹さん音楽監督の
横浜シンフォニエッタの公演
本番は5日フィリアホールにて行われました。

今回メインはシューベルトのグレート。
初挑戦でした・・・すごく難しかったです・・・。
そのほかの演目は

藤倉 大:シークレット・フォレスト・フォー・アンサンブル、
エマニュエル・セジョルネ:マリンバと弦楽合奏のための協奏曲、
という珍しい作品。

藤倉さんの作品は降り番だったので聴くことができました。
すばらしい曲でした。
現代曲なので、最初は馴染めない予感が・・・(´=Д=`;A)少々、
ホールで聞いて見ると、すばらしい調和。
演奏者が客席に点在しているという不思議な光景で、視覚的にも楽しめました。
SN3L0001 (2)

レインスティックという(その名の通り雨のような音がする楽器ですね)も登場。
かなり面白かったです。
SN3L0004 (2)

マリンバ協奏曲も初めてでしたが、出田さんのソロは本当に素晴らしかった。
アンコールも堪能出来たし。
にしてもグレート。大変だったヽ(;▽;)ノ。

指揮の山田さんは言うまでも無く、
今回もとにかくすばらしいメンバーに囲まれて、
感謝感謝な毎日(そして、どうもすみません、な毎日・・・汗)でした。
関係者の皆さま本当にありがとうございました。

SN3L00010001.jpg
写真はグレートの最後のページ。
小節番号が・・・もう少しで鎌倉時代・・・( ゚∀゚)。

今月横浜シンフォニエッタは秦野と下田でも公演があるので
そちらも頑張ります。

そして、この日は亡き友人を偲んで、追悼演奏も行われました。
「聴きに来てくれていたよね、きっと。
あのG線上のアリアはとても透き通って、美しかったですね。」


:*・゚☆.。.:*・゚£(。・"・)o[†......†]o(・"・。)β。.:*・゚☆.。.:*


SN3L00010002.jpg SN3L00020001.jpg
そして本日、またも日本フィルさんにお世話になりました。
ソプラニスタの岡本知高さんをゲストに迎えて、
東京芸術劇場(久々の)にてサンデーコンサート。
なかなか盛りだくさんのはずが、あっという間に終わって
楽しい演奏会でした。
101107_1503~01
公演の合間に撮ってもらっちゃいました!
ブラボーでした!
実は12月2日にもまたご一緒します(詳細はコンサート情報をご覧下さい)!


明日からは我らがニューフィル千葉に復活(=゚ω゚)ノ。
前半は鑑賞教室が連日。
日曜の定期のため後半はリハーサルが続きます。
合間に室内楽もあるので気合が入ります!!

ブログでもいろいろお伝えしようと思います(=゚ω゚)ノ!

さぁ、11月14日は第88回定期演奏会「千夜一夜の夢物語」
開演:14:00 (13:15開場予定)
会場: 千葉県文化会館 大ホール
13:45~ 指揮者プレトーク あり
【指揮者】飯森範親
【独奏】ギター 福田進一
【曲目】
リムスキー・コルサコフ 「スペイン奇想曲」
ホアキン・ロドリーゴ 「アランフェス協奏曲」
リムスキー・コルサコフ 交響組曲「シェエラザード」

是非お越しくださいませ!!!(=゚ω゚)ノ


今週はみっちりなので
風邪も流行っているし、体調には気をつけて頑張ります。


千葉ロッテガンバレ!!!(熱戦は延長突入)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。